Aiminig model

生理のあとの痩せ期を使って簡単に痩せよう

生理前になると体重が増えたという経験はありませんか。
しかし生理後には体重が自然と減ったという人が人が多いはずです。
実はこの生理後こそ痩せるのにぴったりの痩せ期だといえるのです。
そのため生理周期を利用すると簡単に痩せることができるでしょう。

では、なぜ生理後は痩せやすいのでしょうか
これには女性ホルモンが大きく関わっているのです。
生理が終わってから1週間から10日ほどは体内に卵胞ホルモンが分泌されるようになります。

卵胞ホルモンとは女性らしい体にするために欠かせないホルモンです。
自律神経を整えたり、肌をきれいにする、また血行を良くする作用があります。
このような卵胞ホルモンの働きで心身ともに活動的になる期間でもあるのです。

そしてこの期間が簡単に痩せることができる痩せ期に当たります。
また生理後は体内から老廃物が排出されやすい時期でもあります。
生理の経血が体の外に排出されるのと同じように、老廃物も出ていきやすくなるのです。
生理前は便秘だったけど生理が終わると便秘が解消された、ということはありませんか。

実はこれも体から老廃物が出ていきやすくなっているからなのです。
この仕組みを利用して生理後から食生活を見直すなどしてみてはいかがでしょうか。
生理後から始めたことは長く継続することで、より効果が上がるのでぜひ続けてください。
このように生理後は自然と痩せやすい体になるのですが、生理前は痩せる時期に適していません。
いったいなぜなのでしょうか。

それは月経前症候群が大きく関わっているからです。
生理前になると精神的に不安定になったり、体重が増加したりする人が多いはずです。
このように生理が始まる2週間前くらいからは心身ともに不安定になる時期になります。
体重が増える原因は、生理前は体内に水分を溜めるという作用が働くためです。
これは誰にでも起こることで一時的なものなので気にする必要はありません。
やはり生理前より生理後を狙って痩せるのが理想的でしょう。

ピルを飲んでいても痩せ期はあるのか

このように生理後の痩せ期を利用することで簡単に痩せることができると分かりました。
しかし生理不順などでピルを使用している人もいるのではないでしょうか。
一般的にピルは太ると考えている人が多いでしょう。
もちろんピルによって体重が増えるということはあります。
しかしピルにも休薬期間があるはずです。

実はこの休薬期間を利用すると痩せるのに効果的であるといえます。
そもそもピルを服用することで太る原因は、体内の水分量が増える、脂肪がつきやすくなる、食欲に負ける、といった3つのことが考えられます。
体内の水分量が増えることに関しては、ピルに含まれるエストロゲンの働きによるものです。
エストロゲンは体内の塩分が腎臓から排出されるのを抑制する作用があります。
体内にたまった塩分は水分を吸収するため、その結果体内に水分がたまってしまうというわけです。

脂肪がつきやすくなるというのもエストロゲンが関係しています。
エストロゲンは女性らしい体にする働きがあるため、皮下脂肪がつきやすくなるのです。
そしてピルを服用すると太る原因に、食欲に負けるということがありますが、これはピルの成分であるプロゲストーゲンという物質の働きによるものですプロゲストーゲンは男性ホルモンの1つであり、食欲を増進させる働きがあります。

このようなピルの作用で服用期間中は太りやすくなるのが現実ですが、ピルには休薬期間があるはずです。
ピルを服用する期間が終わった後、7日ほどは休薬になるのではないでしょうか。

この期間がピルを使用している人の痩せ期に当たります。
休薬している間は上記に記載したようなピルの作用がないため、自然と体重が減りやすくなるのです。
この時期を利用すると簡単に痩せることができるでしょう。